タグ ‘ 大学

フィラグリンの発現の促進で改善可能 京大

結局は体内に入るまえに、フィラグリンを生成でバリアを作ることが大切なんですよね。
これはずっと前から分かっていたことですが、解明されていない事でした。
アトピーは乾燥肌がよくないというのは昔から言われていることで、これは乾燥することで肌に直接菌が入り込みやすい環境ということにも関係があるんです。
ですから保湿剤などでアトピー患者はいつも身体を保護しているわけですが、このフィラグリンの生成によって保護が必要ではなくなるかもしれませんね。

続きを読む

発症の仕組みを発見 兵庫医科大

やはりヒスタミンが大量に発生することでアトピーが
活性化されるとうことなのですね。
これさえ抑えることが出来れば、表面的な肌にあわられる
アトピー皮膚炎を抑えることが出来るようですね。
IL33を直接制御できるような医療ができる事を期待してます。

続きを読む

return top