アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎の原因

アレルギーとは免疫反応が不利に働いてしまう事によって起こる病気で、通常は、異常な反応を示さない物質に対し、過剰な反応を示す特別な体質で起こりうる病気と言われてます。wikipdeiaを見ていただければ分かるかとおり、アトピー性皮膚炎やの発症の原因はまだ不明ですし、何故そういう過剰反応してしまう体質になってしまうのか解明されておりません。口呼吸が悪い、銀歯が悪い入浴剤、油、ダニ等、様々な事が言われております。もちろんそれらは間違いではなく、アレルゲン反応をさせているという面では事実です。無菌室に数ヶ月閉じ込められた人間はアトピーや喘息などが、

完治するとも言われてるくらいです。

 

しかし、昔の方がはるかに環境が汚く、ダニや虫が家中に居たのにもかかわらず、何故昔はアトピーという病気がなかったのでしょうか?そこが問題なのです。
何故、異常反応をするような体質になってしまったのか。ここを考えなければならないのです。
自然治療を考えている、 「アトピーを3ヶ月で治す方法」では、アレルギー反応の原因をこのように解説されております。

 

1.まず、農薬漬の野菜や、薬物漬にされた豚や鳥の肉など汚染された食べ物(分解されにくいたんぱく質)を食べるとします。

2.通常はアミノ酸等に分解され、分解されて不要になった分は排泄されることになります。

3.消化器官が弱いと分解されずにそのまま腸に来ますが、異物であるたんぱく質は腸の粘膜からは吸収されず、これまたそのまま排泄されます。

4.ところが腸の粘膜が弱っていると、異物をそのまま吸収してしまいます。

5.このとき異物が体内に侵入したとしてTh2(正しくはヘルパーT細胞といいます)が活性化し、サイトカインを出しIge抗体の生産を促します。

6.こうしてどんどん異物が蓄積され、Th2はますます活性化します。すなわち異物がいつ来るかと待ち構えているわけです。

7.こうして臨戦態勢を整えているところに、肌の弱い部分がダニやハウスダストなどのアレルゲンに触れると、(本当の原因はすでに取り込んでしまった異物にあるのに)これが原因とばかりに武器であるIgeを大量生産し、ここで戦い始めてヒスタミンを放出して湿疹を起こすわけです。

8.花粉症の場合は、自分の体が臨戦態勢にあるときに運悪く花粉を吸ってしまい、体がこれを敵だとみなしてしまって鼻で大爆発した結果発病します。

(引用)

setumei_1
私はこの考え方を元に、自分なりに様々な所で調べ、体質改善をしていったところ、改善が見られるようになってきました。以下図解で説明します。





コメントは閉じられています。

return top