管理人の体験談

管理人はこんな人

地獄の日々からの脱出

私がアトピーになり始めたのは1人暮らしを始めた18歳くらいからでした。

最初は肌がガサつくなぁとしか思っていなかったのですが、かさぶたのようなものが広くなってきて、かなりのかゆみを発するようになりました。そこで病院に行った所、「アレルギー体質?これはアトピーだね」と診断されました。

世間知らということもあり、アレルギーという意味すらもよくわからないまま、「抗アレルギー剤」「ステロイド」を処方され、毎晩のようにしっかりとべっとりと塗り、生活をしていました。
一時、かゆみが収まり、湿疹も無くなったのですが、また数ヶ月したところ、湿疹が出てきて、また病院に行き、ステロイド処方。 というような負のサイクルをするようになり、気づいた頃には、体中、湿疹だれけになりました。日々、かゆみとの戦いで、掻いてひどくなり、かさぶたが出来、掻いての繰り返しでした。昼間起きているときならまだしも、夜、寝ている時に無意識で掻いている様で、朝起きて、体中、血まみれだった事も沢山あります。

 

とくに夜が恐怖で、手錠をして寝たり、体をベッドに縛り付けたり、体中ガムテープを巻いたり、スキーの手袋をして寝たり、腕を後ろに縛って寝たり、沢山しました。かさぶたは出来るものの、ちょっとした隙に掻いてしまい、結局治ることは無かったのです。
お風呂に入りたいときに入れない、汗をかいたら痛くてどうしようもないので外に出れない。夜に気楽に寝れない。昼寝もできない。

「こんな辛いなら、生きていたくない。」と泣いた日も沢山あります。

そこから引きこもりになり、数ヶ月外に出なかったこともあります。ストレスで、家で暴れ、ガラスを割ったり、とにかく、すさまじい環境になりました。「もうどうにでもなれ!!!」と、気が狂ったように限界までかきむしって、体中どころか血が床に垂れ、朝まで、その血だらけの床で呆然と寝た事も何度もあります。掻いた後の苦しさは、ヒリヒリしたり、動くたびに痛くて、表現できないものがありますが、
「もう掻くところが無い」という事で、安眠できるという幸せがあります。唯一、ガムテープで縛らなくても寝れる時です。

私の体は、そのような極限の異常事態まで来てしまいました。家族にもストレスを与え、家庭環境が悪くなり崩壊寸前まで行き、人生がめちゃくちゃになりました。

 

そして、またステロイド・・

 

もう地獄でした。何をしても良い、体の一部でが無くなっても良い。お金もいくらでも払う。ただ、

「この憎たらしい湿疹だけ治して。。。」

そう何度も願いました。

 

あるとき、とある人から、「アトピー 自然治療」という言葉を聞きました。

ようはアトピーと戦うのではなく、アトピーと上手く付き合っていく考えで、生活環境、食生活などを変え、限りなくアレルゲンの反応を抑え、アトピーの湿疹を抑える。そんな考え方でした。
もうステロイドも効かない体になってしまったので、神に祈る気持ちで、実践しました。 それから数年、色々試行錯誤しながら自分なりの体質が分かってきて、結果、2年後完治しました。今では普通に社会生活を送っています。自由に海に行ったり、銭湯に行ったり、友達と気楽に遊んだり、普通の生活をする事が出来るようになりました。

その経験を踏まえ、私の少ない知識の中の少しでも、みなさまのお役に立てればと思います。
1人でもあの地獄から這い上がれるように・・・

 

 

 

試した治療法

私自信が試した数々の治療方法の失敗談など

アトピーは皮膚の病気じゃない!色々な治療方法がありますが、とにかく表面にこだわったものだったり、毒素を取るなど、意味の分からないものまで、未だに様々な方法が普通に世の中に出回っています。

「すぐ良くなった!」

「あの方法はすぐ効果が出るらしい!」

「あの病院はすぐ治る!」

など、甘い言葉やうたい文句に振り回されずに、とにかく体の内部、胃腸のことを考え客観的に、その治療法を見れるようになってくれると嬉しいです。

ステロイド

いわずと知れた治療法ですが、これを治療法と述べるのが正確かわかららないのと他で沢山説明をしているので省きます。

漢方治療

漢方薬の名医と言われる先生のところに2年ほど通ったことがあります。とにかく値段が高いです。たしか保険不適用になったので、更に高くなってるのかもしれませんが、一月数万はかかりました。結局、何も治らなかったです。(最後はプロトピックを処方されました。笑)

漢方薬で治ったとか、私の漢方を飲めば治るとか言っている患者や先生がいらっしゃいますが、私自身信じておりません。ただ、本当にそれで治るのだとしたらアトピーのための特別な薬などではなく、胃腸を強化する漢方薬だと思います。
ただ、医者も漢方薬局もありふれた漢方と同じことを秘密にして特別な調合をしているふりをして、解毒効果があるとか、皮膚を強くするとかそういう先生が居たら要注意です。アトピーのことを何も分かってないどころか、そういう古典医学ばかりしているので、逆にひどくなります。

温泉治療

温泉に行ったり、ムトーハップ(現在販売しておりません)入浴したり、様々な入浴方法をためしましたが、これと言って改善はみられませんでした。たしかに気持ちがいいですし、もしかしたら温泉などは、内臓の改善はしないでしょうが、皮膚炎の症状は改善するかもしれません。しかし、そこで温泉地で永遠に生活しなければならないですし、少々無理があり、温泉水を送ってもらう方法もコスト的に割があいません。温泉に入り過ぎる事で、体表面を温め過ぎてしまうので、体がかゆくなったり、逆効果だった場合もあるので、注意が必要です

断食療法

断食によって一度体内に入って来るアレルゲンの除去や腸内の環境を整える意味では非常に良い療法の一つだと思います。実際断食で結構効果は見えました。しかし、それに伴い、体調不良や、病気になりやすい体になり、私生活に影響が出てきました。継続的にできるものではないので、オススメしません。

運動療法

実は、これが一番早くなおりました。自然治療方法を知る前に、唯一完治した方法です。半年間、毎日、一時間マラソンとトレーニングをしたところ、すぐに効果が現れました。原因は、なんだか未だに分かりません。よく、汗がよくないとか聞きますが、本当なのかなぁ?と疑るほどです。ただ、原因が分からないので、汗がよかったのか、新陳代謝が良くなったからなのか、それに伴い、胃腸の強化になったのか、ダイエット効果になったので、断食療法と同じことが起きたのか。はたまた、サナダ虫を飼う原理で、抗体を弱らせるか、疲れさすのか。素人判断なのでわかりませんが、とにかく治りました。ただ、死ぬまでやらなければなりません。 とうことで、やめました。

 

現状

アトピー皮膚炎との闘いに終止符

現在の私の生活と症状ですが、食事は健康的にあまりよくないですが、朝は抜きで、(アトピーとは関係ありません) 昼はバナナなどの消化に良い果物。夜は、油をあまり使わないように、お湯に通したキャベツなどの野菜類を多めにとっております。
もちろん部屋の換気と、空気清浄機のもと、水道は、ミネラルウォーターと、脱塩素のシャワーヘッド付きのシャワーを使用し、たまに脱塩素の長湯につかります。

症状はもちろん良好で、まったく出てきません。やはり、気をつけていても気を抜いて、刺激物を食べたり、体に悪いことをすると消化不良を起こし、腸の働きが悪くなり、体がかゆくなり、夜掻くときもあります。そんなときは、昔、アトピーで気が狂いそうになったときを思い出し、しっかり生活改善の生活に戻します。

そんなことで、現在は、食べたいものを毎日のようにめいいっぱい食べると言うことをさけてる事以外は、まったく問題なく肌も綺麗になっております。





コメントは閉じられています。

return top