発症の仕組みを発見 兵庫医科大

やはりヒスタミンが大量に発生することでアトピーが
活性化されるとうことなのですね。
これさえ抑えることが出来れば、表面的な肌にあわられる
アトピー皮膚炎を抑えることが出来るようですね。
IL33を直接制御できるような医療ができる事を期待してます。


2013/08/06
かゆみを伴う湿疹が繰り返し現れる「アトピー性皮膚炎」発症の仕組みの一つとして、皮膚で作られるタンパク質「インターロイキン(IL)33」が関わるメカニズムを、兵庫医科大(西宮市)などの研究グループがマウスの実験で発見した。このメカニズムを阻害できれば症状が緩和するため、新薬開発につながるという。成果は6日の米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

 兵庫医科大皮膚科学講座の山西清文教授(58)、今井康友講師(36)らのグループは、体内に寄生虫などが侵入した際の警報役を果たしているIL33が、アトピー患者の皮膚表面で大量に作られることに注目した。

 遺伝子操作で通常の約10倍のIL33を持つマウスを誕生させ、ダニなどのアレルギー要因がない環境で観察した結果、生後6~8週でこの病気に特徴的な湿疹などの症状が100%現れた。かゆみの原因となる物質、ヒスタミンを放出する肥満細胞も活性化していた。

記事詳細リンク >>


コメントは閉じられています。

return top