皮膚を保護、アトピー改善新薬開発

アトピーは体内を改善しても皮膚が弱っているとそこから炎症をくりかえします。そのため即効性があるステロイドを多様してしまうわけないので、これはうれしいですね。
早く薬にして私たちの手元に届いて欲しいものです。


2013/09/17
皮膚をバリアーし保護するタンパク質の働きを強める化合物を京都大のチームが発見、この物質を使ってマウスのアトピー性皮膚炎の症状を改善させることに成功し、16日付の米科学誌電子版に発表した。

チームによると、アトピー性皮膚炎の治療には炎症を抑える外用薬などがあるが、皮膚が薄くなったり病原体に感染しやすくなったりする副作用が出ることがある。今回の化合物はアレルゲンになる物質を皮膚に取り込まないよう作用する。新たな治療薬となる可能性があり、10年後をめどに実用化を目指す。

アトピー性皮膚炎の患者は、皮膚を保湿し、アレルゲンをブロックするタンパク質「フィラグリン」の働きが低下している。チームは千種類以上の化合物をそれぞれヒトの皮膚細胞にかけ、人工の有機化合物「JTC801」がフィラグリンの働きを強めることを突き止めた。

記事詳細リンク >>


コメントは閉じられています。

return top