トップページ

アトピー性皮膚炎という病気は、原因が複雑に絡み合うことで出てくる症状です。
アレルギー科では”アレルギー”からみた治療、皮膚科は”皮膚の病気”として治療をされ、皮膚科では当然ステロイド治療をされる事になります。ステロイドでひどくなった人はよく聞きますが、ステロイドのおかげでよくなったという人はあまり聞きません。 しかもアトピー患者の人数は時を追うごとに多くなっています。

しかし昔は、アトピー性皮膚炎という言葉すらなかったのですし、花粉症もつい20年前まで無かった言葉です。

これはどういうことでしょう。やはり環境の変化で、アトピー性皮膚炎という病気が出てきたのではないでしょうか。

ということは遺伝だけではなく環境さえ治せば、治るもの、または発病しないものだと思います。当サイトに書いてある事は、自然治療が主な内容なので、体に刺激物を与えるものでも、高額な医療費がかかるものでもなんでもありません。本来の人間の体に戻すための方法を説明しているだけです。

このサイトにめぐり合ったのも、何かの縁だと思いますので、是非、一読して頂けたらと思います。

top_1

カテゴリー

 
最新ニュース情報 ステロイド治療 アトピー性皮膚炎とは
赤ちゃんのアトピー対策 管理人の体験談 自然治療


コメントは閉じられています。

return top